自然大好き《道端観察記》

植物などの身近な自然を通して
季節を感じていたい

 

カレンダー

2022年
← May →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

アクセス

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

メールはこちらへ

過去ログ

QRコード

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:YAKUMA
ディックさん
コバノカモメヅルは実際に飛ぶところを見ていませんが、ガガイモの種子は風に乗って飛ぶところを何度か見ています。
私もディックさんにはいろいろと勉強をさせて頂いているので、少しでもお役に立てていれば光栄です。
投稿者:ディック
このような果実ができることは知っていましたが、裂けて種髪の付いた種子が飛ぶのだとは知りませんでした。いろいろと勉強させていただいて、ありがたいです。

http://dickhym.blog9.fc2.com/
投稿者:YAKUMA
hiro-photoさん
この種髪はまだ開いていない状態です。
左上の方に、ボケて写っていますが開いたものが引っかかっています。
風に乗って綺麗に飛んでいきますよ。
投稿者:YAKUMA
多摩NTの住人さん
本当に運が良かったと思います。
今まで花を見ても実を見ることはありませんでした。
しかもここではいくつも実が付いていたので驚きました。
投稿者:YAKUMA
地理佐渡..さん
コバノカモメヅル、幸運にも果実の経過を観察できました。
こちらは秋の景色が終わりつつありますかね。
投稿者:hiro-photo
こんばんは。
タンポポなどの種子とは違って、簡単には風に乗れそうもない様な硬さに見えますね。
p

https://hryphoto.exblog.jp/
投稿者:多摩NTの住人
こんにちは。コバノカモメヅルの果実が見られたのですね。ガガイモやキョウチクトウの綿毛は見たことがありますが、当地のコバノカモメヅルの果実はなかなか結実してくれずまだ見たことがありません。

https://blog.goo.ne.jp/botanicallife6-1956
投稿者:地理佐渡..
おはようございます。

コバノカモメヅル

いやぁ、もとの花の姿が分からなく
てなんとも言えないです。色々確認
されていますね。

こちらは着実に冬枯れが進み、里で
も雪になるのが近いほどになってい
ます。さみしくなっています。



https://blog.goo.ne.jp/sadonesia/
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ