2015/5/25

白樺林が恋しくて根子岳へ  山・自転車

先週の焼山では、雪と新緑の白樺にウットリだった。



白樺で思い出すのは、昨年の今頃歩いた根子岳と四阿山だ。
樹林帯が白樺林の山なんて初めての経験で、根子岳のその美しさにやられていた。


今週は、明日から客の一週間。
一週間後なんて言ったら、新緑でなくなること間違いなし。

クリックすると元のサイズで表示します
下は登山口菅平牧場



ということで、今日は朝の用事を済ませたら登山口は12時10分前に
なってしまったが、根子岳でいい、2時までに行けた所で戻ろうと出掛けた。



クリックすると元のサイズで表示します



クリックすると元のサイズで表示します



クリックすると元のサイズで表示します



クリックすると元のサイズで表示します





クリックすると元のサイズで表示します



クリックすると元のサイズで表示します




幸い、雲は多めだが崩れることもなさそうだし、雷注意報も出ていない。




クリックすると元のサイズで表示します




もう、最初からやられっぱなし・・・
写真ばかり撮っていて進まない山だったが、2時前に頂上に着いた。





クリックすると元のサイズで表示します



クリックすると元のサイズで表示します
嬬恋村方面



クリックすると元のサイズで表示します
筑波大学学生の研究観察施設とあった



クリックすると元のサイズで表示します





カメラを構えたところに、四阿山から縦走してきたお兄さんが飛び出した。
ちょうどイイところに来たわ!は心の声(笑)
お互いに写真を撮りあう。

私は、カップラーメンとサンドイッチをゆっくり食す。
お兄さんはさっさと下って行った。




クリックすると元のサイズで表示します



クリックすると元のサイズで表示します



クリックすると元のサイズで表示します




下りは逆光になり、白樺林はますます眩い。

観光地のドライブのように、ゆっくり周りの景色を堪能し写真を撮りながら下る。

途中でツツジに出合うと、八千穂高原のツツジが見たいと思っていたが、これには負けるよねーと思った。


山の素晴らしいところは、標高を上げるにつれて、白樺もツツジも状態が違うことだ。
初めも終わりも、楽しめるということです。




クリックすると元のサイズで表示します
下って来て、登山口近くの休憩所から根子岳をみる



クリックすると元のサイズで表示します
小屋の周りに咲いていたフデリンドウ




登り1時間50分の山を、下りは1時間30分かけて下った^^;






おまけ:焼岳

クリックすると元のサイズで表示します
サングラス忘れにて、ここで撤退



クリックすると元のサイズで表示します



クリックすると元のサイズで表示します


0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ