2006/2/19

Peru3日目:Machu Picchu  旅行

マチュピチュの麓の村アグアスカリカンテスからシャトルバスに揺られること30分。夢にまで見たマチュピチュに到着しました。「非常に高い山の頂にあり、精巧な技術で建造された壮大な建物がそびえたつ。」この数行の文をヒントにアメリカの歴史学者ハイラムビンガムは、草に覆われた段々畑をよじ登り、1911年にマチュピチュを発見しました。スペイン人征服によるインカ帝国滅亡から400年後のことです。
クリックすると元のサイズで表示します
麓からその姿を確認することは出来ません。空中からしか存在を確認できないことから「空中都市」と呼ばれるようになったそうです。



クリックすると元のサイズで表示します
空の青さが違います。そして強い日差し。断崖と切り立った山々に囲まれて、
遥か下にはウルバンバ川が流れています。頭がくらくらしました。



クリックすると元のサイズで表示します
市街地への入り口。インカ道を遥々旅して来た人達はこの門を通って
町の中に入ったそうです。



クリックすると元のサイズで表示します
Yokoリャマになってみる。



クリックすると元のサイズで表示します
この日は閉館時間の5時半まで遺跡の中でのんびり過ごしました。
時間と共にマチュピチュはその景色を変えて行きます。
人がほとんどいなくなった遺跡の中で裸足になって昼寝をしたり、
絵を描いていたりしたのですが、帰る直前に2本の虹が架かりました。
その美しさは言葉に出来ません。一生忘れられない景色です。



2006/2/27  22:00

投稿者:Yoko

総一郎さん
コメントありがとう!以前にブログに書いた「シカゴで学生生活を送っている女性」に会っていなかったら多分Peruには行っていなかったと思います。彼女はものすごく努力家でポジティブで行動力があるの。良い意味で影響を沢山受けています。彼女がマチュピチュにいる写真を見て「私も行くぞ!」っていう気持ちになりました。

2006/2/27  8:22

投稿者:聡一朗

空が深い深い青なのですね。虹のかかっている景色も
実際見るとすごい感動あのでしょうね。
旅行のパンフレットにある風景に知っている人が写っ
ていると。
なんか『ほんとに行ってきたんだなあ』と思って。
こちらまで、ポジティブに色々なことに感動したい
なって思いました!

2006/2/26  20:08

投稿者:Yoko

空が青いんだよね。高山病は夜だけちょっと頭が痛かったくらいかな。それよりも夜が異常に冷え込むのと、空気が乾燥しているのが辛かったよ。

2006/2/26  6:59

投稿者:toshi

マチュピチュの虹素晴らしいね。空が凄く綺麗!
YOKOは高山病大丈夫だった?俺も富士山登ったとき全然平気だった。血統かな?

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ