2016/2/25

get through : 言葉の力2  分類なし

今日は、仕事が終わる時間に「今から水族館にサンプルを取りに行きたいんだけど、車で会社まで来られる?」と旦那さんからメールが来たので、急いで会社まで車を走らせました。旦那さんが急いで車に乗ってきたので、後ろも振り返らずに、車を発車させてしばらくしたら後部座席に人の気配が。。振り返ると見ず知らずの外国人が乗っていたので、思わず叫びました。。




一緒に水族館にサンプルを取りに行くアメリカ人のケビンでした。




旦那さん、車に乗る前に紹介してよ!!!





ああびっくりしたわ。

ひさしぶりに叫んだわ。





自己紹介を済ませて、ケビンにこれから大きな変化が待ち受けていて、それがとっても不安だと話したら

get through them to ○○○ (○○○は新しい環境)
新しい環境に子供たちを放り込んだらいいんだよ。


子供は3か月で慣れちゃう。僕がドイツからアメリカに引っ越した時は3か月で英語喋れるようになったよ〜。と明るく話してくれました。



旦那さんと最寄駅で別れて、車がないので幼稚園にも学童にも歩いて向かいました(お迎えの時間ギリギリで汗ダクダク)
夕焼けの道をAkihitoとAoiと3人で歩いて帰ったら「なんとかなるさ〜」と思えてきました

なんだか心が軽くなった 今日はいっぱい元気をもらえた一日でした。







2016/2/26  9:37

投稿者:P

環境かわるのねー
不安よね。
実際慣れるんだけど、それまでがね。
わたしのまわりは転勤の時期で仲良いところに限って引っ越し。
でも小学校なるて単身赴任を選択するとこも多い。
低学年で転校とかならわかるけど、高学年とか中学とかちょっとなぁ。 親も年取ってるから、いろいろ考えちゃうよ。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ