2007/4/28

シカゴの春は萌える  シカゴ生活

最近暖かくなって来ました。木々の緑の新芽がとても美しいです。長い冬(11月〜4月上旬)の後の春がこんなに嬉しくてワクワクするものだとは、シカゴに来るまで知りませんでした。

今日は、一日中洗濯三昧です。日本人は冬物と春物の衣替えをするのは当たり前で、毎年この時期になるとクリーニングなどで大忙しですが、シカゴの人は衣替え(=冬服をしまう)という概念は無いようで、冬物も春物も同じように一年中クローゼットに入っているんだとか。確かに「ムシューダ」のような防虫剤を売っているのは見たことがないです。
今年は、友人のススメでダウンジャケットも洗濯機で洗ってみました。洗剤は「Woolite」を使用しました。これはスゴイです。洗濯機でセーターも洗って乾燥機も使いましたが、全く縮みませんでした。
クリックすると元のサイズで表示します
久しぶりの休日だったので、和紙小物を作ってみました。



2007/5/3  10:44

投稿者:Yoko

Seiさん
冬服や、冬布団、コートなど毎年毎年なぜ出したりしまったりしなきゃいけないんでしょう。一年中春なら良いのに。

2007/5/1  19:50

投稿者:sei

やっと冬服整理した・・。クリーニングも!・・クローゼットと押入れの文化の違いって大きいですね。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ