2020/1/18

早く次が読みたい  シカゴ生活

今日はAoiさんのクラスに授業監督のお手伝いに行って来ました。クラスの様子を見る機会がほとんどないので嬉しかったです。Aoiさんは恥ずかしそうにしていました。
クリックすると元のサイズで表示します
Aoiさんのお迎えの時間まで図書館で「大きな森の小さな家シリーズ」30年ぶりくらいで読みました。自分がキャロライン(母さん)の目線になれること、ウィスコンシンからカンザス州に幌馬車移動する風景が想像出来ること、ローラの家族が黒人やインディアンに差別の意識が無いこと、沢山の発見があります。
クリックすると元のサイズで表示します



2020/1/25  2:27

投稿者:yokochicago

Yukiさんも読んでいたんですね。嬉しいです!食べ物の描写がとても美
味しそうですよね。私は、カエデ糖でキャンディーを作るシーンが好き
でした。物にあふれている現代の子供達(息子達)に読んでもらいたい
本ですが、たぶんうちの子は興味ないかな(泣)

2020/1/25  0:50

投稿者:ゆっきぃ

懐かしい!
私も大好きで良く読んでいました
豚の解体でしっぽを貰い、食べるシーンは色々な意味で衝撃でしたね…
(まあ、美味しそうではありましたが 笑)
豚のあの部分を風船のように膨らまして遊ぶとこも、かなりの衝撃でした…
子ども時代に読んだ本の読み返しはまた違う目線で読めて楽しいですね😁

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ