2008/5/8

バッドランド ロイヤルティレル古生物博物館  旅行

クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
領事館での面接後、VISA Stampの発効が翌日であることを知らされたので、カルガリーから車で1時間半のバッドランドに行ってきました。この場所はその名の通り不毛の土地ですが、保存状態のよい化石が豊富に取れる場所です。写真はRed Deer River.

クリックすると元のサイズで表示します
世界中の恐竜ファンが集まるRoyal Tyrrell Museum。世界遺産に登録された州立恐竜公園の標本が展示されています。
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
かなり保存状態のいい化石が展示されています。シカゴのフィールドミュージアムもすばらしいですが、質に関してはこちらの方が上。

クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
カナダのカルガリーといえばバージェス頁岩。奇妙な体を持った動物の化石が続々と発見され、古生物学の歴史を塗り替えた場所です。変わった動物の実物大の模型が飾られています。

クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
アンモライト(ammolite)。カナダのカルガリー北部からのみ産出される虹色を発するアンモナイトの化石。破片は宝石登録されていて身に付けると幸福になり、解毒や治癒力があるとか。ちなみに日本が最大の消費国だそうです。http://www.ammolite-museum.jp/ 博物館には最大のアンモライトが展示されています。

クリックすると元のサイズで表示します
博物館北部を散策。
クリックすると元のサイズで表示します
Yoko化石を探してみる。
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
水と風の産物フードゥー(Hoodoos)。今も侵食中で崩壊中だとか。



2008/5/28  22:08

投稿者:Yoko

Toshiちゃん Seiさん 家のインターネット環境がいまだに不安定でなかなかブログをアップできませんが、二人とも元気に働いています。カナダは日本文化が深く浸透しているので、日本人には住みやすいところだと思いました。(シカゴに日本人が少なすぎるだけかも?)

2008/5/28  22:04

投稿者:Yoko

みいらさん 「不毛の土地。」と言う言葉がぴったりの緑の少ない場所でした。旦那さんが好きじゃなかったらたぶん来なかっただろうな。と思います。お子さんを連れて恐竜の化石を見に行けたら良いですね。

2008/5/28  6:27

投稿者:toshi

壮大な景色だね、化石がボコボコ出てきそうなところだね〜。博物館北部を散策でこの景色、、、。

2008/5/26  20:16

投稿者:sei

地球の成り立ちが解りますね。恐竜の時代から・・現代。・・未来・・。加速して進化しているような・・。

2008/5/25  23:33

投稿者:みいらさん

すごいとこですねえ。僕も行ってみたくなりました。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ