2009/2/9

ジャム  シカゴ生活

今日からお休みです。仕事は8ヵ月間の産休という形を取っています。シカゴ大学の人事に産休の書類を提出した時に、事務のおばちゃんが目を真ん丸くして言いました。「あなたの様なユニークな人は初めてだわ。(こんなに長く産休を取るという意味で)3ヵ月間以上の産休を取ったらシカゴ大ではあなたのポジションを保障する必要はないのよ!」

ある友人は私のことをこう表現しました。
「止まったら死んでしまうお魚みたい。」
別の友人は自分の子育てのことをこう表現していました。
「3ヵ月間赤ちゃんと一緒に家でじっとしていたら気が狂いそうになった。」
8か月後どうなっているのか解りません。仕事は、産後3ヵ月間あれば復帰できたかもしれません。でもどうしても生後3ヵ月の赤ちゃんを見ず知らずの他人に預ける気持ちになれなかったのと、仕事が精神的にもう限界ギリギリの所まで来ており逃げてしまいたかったのかもしれません。

ま、もう決めちゃったことだし後戻り出来ないから進むしかないですね。
クリックすると元のサイズで表示します
今日は、苺が安かったのでジャムを作ってみました。(1.5kgで3ドル)総重量の30%の砂糖と苺500gあたりレモンの絞り汁を1個分入れて4時間置いた後、30分間灰汁をすくいながら煮ました。一年分出来てしまった。。イチゴの甘酸っぱい匂いが家中に広がって、椅子に座りながら灰汁を取り、お腹の赤ちゃんに話しかけたりしてとても穏やかなひと時でした。



2009/2/12  7:17

投稿者:Yoko

rinakoさん ありがとう(;-;)。rinakoさんのお顔を思い出しなが何度もコメントを読み返しました。ブログをやっていて良かったです。本当に不思議ですが、こんなに離れた場所にいてもまるでそばにいてもらってアドバイスや話を聞いてもらっているような気がします。今はとにかくのんびりと好きなことして、赤ちゃんの準備に専念したいと思います。

2009/2/12  7:09

投稿者:Yoko

Seiさん お酒の飲めない旦那さんは甘いものが大好きです。毎朝パンに、プーさんのように蜂蜜やジャムを塗りたくって幸せそうに食べています。でもアメリカのジャムはものすごく甘い!オーガニック製品でも日本の5倍くらい甘い気がします。デンマークから買ってきたジャムが低糖だったのとフルーツの香りがバッチリ残っていたので、自分でジャムを作りたいとずっと思っていました。ケーキよりもずっと簡単だし。花梨ジャム楽しみにしています。

2009/2/12  7:03

投稿者:Yoko

ぷちゃん アドバイスにすごく実感がこもっていてとても励まされたよ。ありがとうね。シカゴ大学では6週間の産休が普通なの。デイケア(幼稚園)も6週間から預かってくれるの。乳児カリキュラムもしっかりしていて、早くから預けてしまったせいで教育や発達に遅れがないことはしっかり証明されているとJanaが言っていた。今はアメリカは大不況だし、6週間も仕事に穴を開けたら解雇も当たり前みたい。私は6週間と聞いてのけ反りそうになりました。もし帝王切開だったら8週間なんだって。
ぷ姫の写真はいつも笑顔でいっぱいでお母さんに大切にされているんだなって感じます。私も赤ちゃんの笑顔の写真を沢山撮ることが出来るお母さんになりたいです。

2009/2/12  6:50

投稿者:Yoko

Amyさま 暖かいコメントありがとうございます。約20年前のハイドパークは今とそれほど変わっていないと思います。シカゴ大学の建物やモールは最近になって様変わりしましたが、町並みは昔のままだと聞いています。私もシカゴを離れたあとにどんな風にシカゴを見ることが出来るのかとても楽しみです。「シカゴのホテルで初めてお子さんが歩いた」というのは素敵な思い出ですね。

2009/2/12  1:28

投稿者:rinako

ついに産休に入ったんですね。いままでお疲れ様でした。それからお誕生日おめでとうございます。
今までお忙しかったのですから、ゆっくりやすめるときは休みましょうよ。8ヶ月もゆっくり出来る機会なんて、小学生になる前ぶり、位じゃないかと思うんです(笑)。赤ちゃん生まれたらお休みではなくなるでしょうし。

ちょうど若山研で働いていたとき、ラボの秘書さんと若山さんの奥さんが妊婦さんで、お産前後の大変さはいろいろ見聞きさせてもらってました。
いつ仕事に戻りたくなるか、ホント人それぞれみたいです。
お2人とも産休前は出産後は3ヶ月くらいで復帰したい、と言っておられたのですが、実際は半年後、特に若山さんの方は赤ちゃんをむちゃくちゃかわいがっておられて、日々育っていく赤ちゃんの観察が楽しかったらしく、保育園が決まっても最初は赤ちゃんと離れるのが寂しくてしょうがなかったようです。仕事が無ければずっと育児を楽しんでいらっしゃったかも。秘書さんの方は赤ちゃんのことはとってもかわいがっておられますが、職場での気分転換もいいわ、とおっしゃってました。
最初の1ヶ月は授乳で寝る暇もなかった、というのはお二人とも一緒でしたし、3ヶ月で、というのはやっぱりとても大変なことだと思います。

ほかにはラボの先輩はポスドクですっごくがんばっておられたんですが、がんばりすぎて疲れちゃったらしく、結婚を機にすぱっと仕事を辞めてしまわれました。でもその後は家事と育児が楽しくてしょうがない、とのことで今も男の子2人育てながら主婦をされています。
Yokoさんがどのタイプか、というのは自然とわかってくると思いますから、いまは考えこまずにゆったりしてるのがお仕事だと思ってください。
子育てもきっとはまると楽しいと思いますしね。食事作りとかお裁縫ごとだとかいろいろ。

赤ちゃんが無事生まれてきてくれるのを楽しみに、とりあえずのんびり楽しく過ごしてくださいね。

2009/2/11  9:41

投稿者:sei

美味しそうなイチゴジャム。ジャム作りって・・あの甘い香りがナンとも幸感じますね。昨年のヒットは花梨ジャム。堅くて何度放り投げようと思ったか・・。でも茜色のジャムに憧れ・・とうとう完成。ビンに詰めお届けする私を想像アレ・・・。

2009/2/10  22:51

投稿者:ぷ

おいしそうなジャム〜!
だけど大量だね!!!!

止まったらしんじゃう魚かぁ〜確かにそうだねw

産後3か月間ほど育児ノイローゼなりそう!っていうのは誰でもそうだと思うよ。特に初めての子育てってわからないから神経質になるんだよ。ベストを尽くしたいって思うし。
赤ちゃんの性格にもよるみたいだけどね。(←なんかよその赤ちゃんみてたら、うちの子より泣かなくて最近びっくりするねん!!)

産休って形は理想だろうなぁと思うわ〜
(働きたいときの再就職は相当厳しい。)
働いてるほうが子供に優しくできるお母さんもいるしね!
ただ3か月の産休ってアメリカで普通なの!?ありえんなーと思ったわ。
まだ首すわってなくない?!
私は保母さんってやっぱプロだからもしかして早めに預けたほうがすんなりいろいろいったのか!?とか思うときもあるけどねー4か月でべびーしったーさんに預けたとき、プロの実力を思い知ったよ。。。
でもやっぱ自分の子だし、ものすごい成長を毎日みたい!って思う気持が強かったから、私の場合働かなくってよかった!
ハイハイとかつかまり立ちとか一番早く気付きたかったの!
ひとりで子育てしてる感じと、責任の重さで何度も泣いたけどね〜


2009/2/10  17:40

投稿者:Amy

はじめまして。 ずっと読み逃げしていました。
平成に年号が変わる頃、夫と一緒にハイドパークに2年住んでいました。
ひょんなことからこちらにたどり着き、以後懐かしくて拝見させて頂いています。

 シカゴから離れて、赤ちゃんだった娘を連れて訪れたこともあります。 その時にホテルで初めて歩いたのも懐かしい思い出。 夫はまた行きたがっています。

 赤ちゃんが生まれるのも楽しみですね。 

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ