2005/11/23

Thanksgiving Fellowship  旅行

11月23日から4泊5日でPARIS International Thanksgiving Fellowshipに友人と参加してきました。PARISはイリノイ州の南インディアナ州との境にあり、トウモロコシ畑の地平線が見える小さな町です。シカゴ大からは4時間の道のりでした。このプログラムは、アメリカのThanksgivingを体験したことがない外国人がアメリカの一般家庭にhomestayをして、伝統的なhanksgivingを家族と共に過ごすというものです。私は畜産学専攻ということもあり「希望覧にAnimal Farmに行きたい。」と書いていたので、希望通りFarmに行くことが出来ました。homestayしたお宅は、BillとLindaという二人暮らしのお宅でBillはMilitary serviceで日本に滞在していた事があり、二人は結婚10周年のお祝いでで日本旅行をしたと言っていました。
まず、念願のFarmを見せていただきました!飼育している牛のほとんどは、アバディアンガスという肉牛です。日本ではほとんどが人工授精ですが、Billの農場ではすべて自然交配で、自然の中で飼育し(牛小屋が無い)抗生物質などは与えず、餌はすべてオーガニックで干草、トウモロコシ、穀類、豆類、などを与えているそうです。おそらく200頭以上はいると思います。広い牧場を自由に駆け回る牛を私は初めて見ました。素晴らしかった。。
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ