2010/4/27

命の洗濯第4段  グルメ・クッキング

友人と4歳になる女の子と一緒にPeggy Notebaert Nature Museumに行ってきました。一緒に蝶を鑑賞して、4歳のお姉ちゃんがAkihitoの手をひいてプレイグラウンドで思う存分遊んでくれました。良かったね。
クリックすると元のサイズで表示します


お昼には、以前から行ってみたかったBettersweetのカフェスペースでランチを満喫しました。



♪♪♪だってAkihito寝ていたんですもの〜♪♪♪



クリックすると元のサイズで表示します
「茄子のスープ」優しい味で美味しかったです。
クリックすると元のサイズで表示します
ブリとプロシュートのホットサンド。ドライフルーツが入った甘いブレットとのコンビネーションが抜群。付け合わせのフレンチビーンのサラダも新鮮で美味しかったです。
クリックすると元のサイズで表示します
旦那さんへのお土産。
シカゴ大ホスピタル1階のargo teaのブレッド類はBettersweetから卸されているそうです。(ボス談)



2010/5/11  6:57

投稿者:noriko

ふふふ・・今日はお互いにパソコン日和のようですね〜
顔に馬乗りはスゴイですね。ダメなことは教えて行かないと、保育園でするかもしれないのでちょっと心配ですが・・・
でも、Gも寝ているときは私の上に両足をのせて寝ています。足を高くして気持ちいいのかな?蹴られて顔に青アができたこともありますよ〜
寝ているときの無意識の行為なので私は怒りませんが、主人は寝ているGによくキレています!
LAに来て子供部屋が出来たので、最近は半分ぐらいはひとりで寝ています。待ちに待ったGの「ひとり寝」なのですが、意外に淋しいものです・・・
長々、お邪魔してゴメンナサイ。油売ってないで、自分のブログもいいかげん更新しますね。それでは、また〜

http://angel90024.blog118.fc2.com/

2010/5/11  3:45

投稿者:Yoko

Norikoさん、その言葉に救われます(;-;)

最近、Akihitoは私の上に乗るのが楽しいようで、朝、私よりも早く起きたり、夜寝ぼけている時には、寝ている私の顔の上に馬乗りになっていたりします。これは男の子なら普通のことなのでしょうか?また「イタイ!」と叫ぶと「エヘヘ」と笑うのです。怖いです。


2010/5/11  3:37

投稿者:noriko

Yokoさん、
子供抜きのお出かけでルンルンしてしまうのは、今でも一緒です。そういうときの方が、正直言って何を食べても美味しいです!
だからと言って、母性にかけるのか・・と悩むのはやめました(笑)
命の洗濯をして、笑顔の母に、妻に、戻れるのだと思っています。
なので、大手を振って「命の洗濯」を楽しみましょう!!

http://angel90024.blog118.fc2.com/

2010/5/11  3:22

投稿者:Yoko

Norikoさん、どこでもドアがあれば「シカゴのアパートの家賃も払わなくていいなあ。」と考える現実的な私です。
私はcafeの方に入るのが初めてだったので(おまけにあっきーが寝ていた)ので命の洗濯が出来ました。ハイチェアーもあって子供連れにも優しい環境です。あっきーのことは大好きなのですが、一緒に食事をするとはっきり言って何を食べたのかさえ覚えていない状況です。いつくらいになったら味やお店の雰囲気を楽しめるようになるんでしょうか。。
是非、アイスマウンテンも試していただきたいです!味が劇的に変わります。また、もち米を使っているからと言って給水させる必要は全くありません。お米をといだ後にすぐに炊いています。

2010/5/11  1:32

投稿者:Yoko

Seiさん、旦那さんは一昨日はジュークリーム、昨日はダンキンドーナツを頬張っていました。なんで太らないのか羨ましいかぎりです。

2010/5/10  13:29

投稿者:noriko

「どこでもドア」があればいいのに〜と本気で悩むアラフォーです。。。
ご一緒されたお友達から聞かれたと思いますが、以前スシパラとはしごしました〜日本の様なケーキが妙に小さく感じました!その時もオシャレなマダム達がランチしていたのを覚えています。
教えていただいた田牧米と松竹梅をゲットしました!現在、我が家流を検討中。お水までは買えないので・・・

http://angel90024.blog118.fc2.com/

2010/5/8  7:58

投稿者:sei

命の洗濯・出来てよかった(^^)
ランチ・シンプルで日本のカフェみたいですね。
ご主人にケーキのお土産・・・お酒を大いにたしなむ我が夫・・・に連想できない・・・ご馳走様

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ